内祝いのマナーと品物|アルバムや招待状を手作りにして結婚式の費用を節約する

アルバムや招待状を手作りにして結婚式の費用を節約する

内祝いのマナーと品物

新郎新婦

知っておくべきマナー

結婚式に参加していない人から結婚祝いを頂いた時は、お返しとして結婚内祝いを贈ります。結婚内祝いを贈る場合は、内祝いの相場や時期など知っておくべきマナーがあるので、失礼がないように心掛けておくことが大切です。結婚内祝いの相場は、頂いた金額の半分から三分の一が一般的ですが、親しい間柄の場合は金額に拘らず、贈りたい品物を選ぶこともあります。お返しをする時期は、結婚祝いを頂いてから一ヶ月以内を目安にすると良いとされています。お返しが遅すぎても早すぎても贈る相手に良い印象を与えない場合があるので、お返しのタイミングはとても大切です。結婚内祝いのマナーをきちんと守ることで、結婚祝いを頂いたことへの感謝の気持ちもきちんと伝わります。

カタログギフトが定番

結婚祝いのお返しに喜ばれる定番の品物として、カタログギフトがありますが、男女や年齢を問わず人気の結婚内祝いです。カタログギフトが喜ばれる一番の理由として、日用品から食品まで幅広い品物の中から、自分の好きな物を選べることです。自分では購入しないような珍しい品物や高価な食品もカタログギフトなら気軽に選べます。たくさんの品物が掲載されているカタログギフトは、見ているだけでも楽しめて、家族や友人と一緒に選ぶこともできます。また、カタログギフトの場合は金額がはっきりわからないので、贈った相手に気を使わせず好きな品物を選んでもらえます。結婚祝いのお返しに何を贈れば良いかわからない時は、カタログギフトを選ぶことで目上の方にも失礼にならず喜んでもらえます。